爪美容液おすすめ

2週間で効果が出る爪美容液

佐藤製薬の公式サイトはコチラ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

爪がでこぼこ、割れる、ぼろぼろ・・・

 

爪が傷んでくると、でこぼこになる、割れる、縦筋ができる、二枚爪、ぼろぼろになる・・・といった爪のトラブルがでてきます。

 

 

お肌のお手入れは毎日していても、爪のお手入れってそのままにしている人って多いんですよね。でも爪は結構見られているので要注意です。

 

 

爪がぼこぼこになっていて、ぼろぼろの爪を見ると、不健康だし不潔なイメージを持たれてしまうので、お肌のお手入れと同じように爪美容液できちんとケアしたいですよね。

 

 

爪の専門家の美容外科の先生がこんなことを言われています。

 

爪は自ら修復出来ない!!

 

指先を守っている爪は、外部からの刺激や乾燥、加齢、栄養不足などから爪がもろくなり割れやすくなります。爪は肌の角層と同じで自ら修復することができないため、繰り返しトラブルが起こりやすくなります。新しく健康な爪を生やすには、爪の根元や爪まわりを集中ケアすることが重要です。さらに食生活では爪の主成分であるタンパク質やビタミン類、カルシウム亜鉛、鉄分などをバランスよく摂ることが大切です。

 

佐藤製薬の公式サイトから引用

 

でも、そういった傷んだ爪のケアって実際にどうすればいいのか分からないっていう方も多いようです。

 

爪の修復におすすめの爪美容液

 

爪の根元や爪周りを集中ケアすることが大事だということですが、ではどうやったらいいのかという時に、おすすめの爪美容液があります。

 

ユンケルでお馴染みの佐藤製薬のネイルリペアセラムという爪美容液です。

 

 

ネイルリペアセラムはこんな方におすすめの爪美容液です

 

  • 爪が乾燥してツヤがない
  • 爪の表面がでこぼこしている
  • 乾燥して甘皮がめくれる
  • ジェルネイルなどで爪が痛んでいる
  • 爪が薄く割れやすい
  • 爪が割れやすく二枚爪
  • ネイルサロンに行きたいけど時間とお金に余裕がない

 

 

爪のでこぼこや、割れやすい、ぼろぼろといったトラブルを解消するには、

 

爪とその隙間にしっかりと補修成分を浸透させて、保湿してあげることが必要です。

 

そうすると滑らかで光沢のある爪にすることができます。

 

 

そのためには爪を保湿し浸透力のある成分が含まれた爪美容液でなくては効果がなく、その点では、佐藤製薬の爪美容液は製薬メーカーだけにデータに裏付けされた効果が期待できるようです。

 

 

実際にその効果をテストした結果では、2週間後に効果が表れ始め、4週間後には

 

爪の艶、輝きが15.2%アップ

でこぼこの最大の深さが減少

でこぼこの面積が12.9%減少

 

長年の実績がある信頼できるメーカーの爪美容液だからこそかもしれませんね。

 

 

使い方も簡単で、マニキュアのように爪の表面と爪の間、裏側に塗るだけです。

 

爪のでこぼこ、割れる、ぼろぼろで悩んでいる方は一度試してみてもいいかもしれませんね。

 

爪のトラブル

 

爪が割れる・裂ける

 

爪は乾燥して水分が不足しがちになると、少しの刺激でも割れたり、裂けやすくなってしまいます。特に洗剤やマニキュアの除光液は、爪への刺激もあり乾燥しやすくなるので注意しましょう。

 

 

 

 

爪の表面が剥がれる(二枚爪)

 

爪は3層構造になっていて、3つの層の間に、乾燥や外部からの衝撃が原因で、空気が入ることで、爪の表面が剥がれやすくなってしまいます。二枚爪と呼ばれる爪のトラブルで、爪の乾燥や栄養不足が原因と言われています。

 

 

 

 

爪に線が入る(縦筋、横線、黒い線)

 

爪に縦筋、横線が入るのは、老化が主な原因だと言われています。爪も皮膚と同じくしわ(線、筋)が加齢により表れてきます。またストレスや過労によっても縦筋、横線ができることもあります。

 

 

 

 

爪がデコボコになる(ボロボロ)

 

爪のデコボコは乾燥が主な原因で、水分不足、油分不足、栄養不足から起きてしまいます。加齢やストレスも考えられるので、爪の表面のお手入れだけでは解決できないので注意しましょう。

 

 

爪の構造

 

爪は皮膚の一部が角質化したもので、主に髪の毛と同じタンパク質の一種である「ケラチン」でできています。

 

ですから、皮膚と同じく健康のバロメーターでもあり、きちんとしたお手入れが必要です。

 

爪は常に適度な水分が必要

 

爪は、爪の下の皮膚(爪床)から水分を補給していて、弾力のある健康的な爪は、通常12〜16%の水分が含まれています。爪床は70%がコラーゲンでできていて、コラーゲンの保湿効果で、爪床は常に乾燥しないように水分が保たれています。爪床の水分がなくなり乾燥してしまうと、様々な爪のトラブルを引き起こしてしまいます。

 

 

爪は3層構造で乾燥と衝撃をガード

 

爪は見た目では1枚に見えますが、爪の構造は、上から背爪(トッププレート)、中爪(ミドルプレート)、腹爪(アンダープレート)の3層になっています。この3つの層の間に、乾燥や外部からの衝撃が原因で、空気が入ることで、爪が割れたり、爪の表面が剥がれてしまいます。

 

爪トラブルの原因

 

爪は、80%がケラチンという成分で、残りが水分や脂質からできています。傷んだ爪というのは、そのケラチンという成分が不足しているために、ボロボロになったりデコボコになってしまいます。では、どうしてケラチンという成分が不足してくるのかといえば、爪が乾燥してうるおいがなくなってしまうようなこと、例えば除光液を使う、水仕事が多い、加齢による劣化などが原因として考えられます。

 

爪がボロボロやデコボコになっただけでも気になりますが、それをお手入れしないで放っておくと、更に、爪が裂けたり、剥がれたり、折れたりするところまでいってしまいますので、早めのネイルケアを心がけましょう。